エンジニアは特定の分野に特化した専門性を持っているのが特徴です。

それを生かして他の人よりも有利に仕事を探すことができると考えられることがよくありますが、実は逆に専門性の高さが原因で仕事を探すのに苦労する場合もあります。自分に適した仕事の枠が狭いことが珍しくないからです。自分の持っているスキルを使って働けるという程度の職場を発見することはできても、存分に能力を発揮して他のエンジニアにはできないレベルでの活躍ができる職場に出会うのが難しくなりがちです。スペシャリストを求める傾向が強かったIT業界では、特にこの点が深刻な問題になってしまっている場合もあり、転職を何度も繰り返している人もいます。

しかし、転職エージェントを広く利用できるようになったお陰でこのデメリットもカバーされるようになってきました。転職エージェントに相談することで自分に適した職場を紹介してもらえる可能性が高くなるからです。転職をしても自分に合った仕事ができないのは主には二つの原因があります。

一つは自分の能力を正しく理解できていないこと、もう一つは求人からでは専門性がどの程度必要とされているかが正確にはわからないことです。これらは、転職エージェントによって第三者の立場から自分を評価してもらい、企業で必要とされている専門性を考慮した求人の紹介を受けることで問題が解決されるでしょう。
ただ、より正確なマッチングを望むのであればエンジニア専門など、業界に特化したエージェント選びが有効です。