企業に勤めているエンジニアは制度上では終身雇用となっていることが多いですが、実質的な定年はそれよりも早く到来してしまうことがよくあります。

厳しい現場環境で切磋琢磨をしながら若手にも負けずに働き続けるのは体力的にも精神的にも負担が大きくなってきてしまいがちです。最先端の現場で働いているIT系のエンジニアは特にそのような状況に陥りやすくなっています。しかし、このような状況で定年を延ばすことも可能であり、同じ職場に残らずに転職で解決するという道も選べるのがエンジニアです。それまでの経験を生かして別の働き方をすることができ、年齢に見合った仕事を選んでいくことで一般的な定年退職の時期まで働くこともできます。場合によってはそれ以後も働ける可能性を見出せるでしょう。

転職エージェントに相談するのが得策であり、自分の経験に応じてできる仕事を探してもらえます。インフラに強いエンジニアであれば既存のシステムの監視や運用のように知識や経験は要求されても体力的な負担が少ない仕事ができるでしょう。ハードに強いならセールスエンジニアを統括する管理的な立場で働く道もあります。培ってきた経験に応じて適切な仕事も異なるため、個々に合った仕事を相談の末に選び出せる転職エージェントの利用を行うのが賢い方法になるのです。長く働きやすい仕事に一回の転職で就きたいという要望にも、これから何度か転職しても良いという希望にも柔軟に対応してもらえます。